スマートウォッチの時代は来るのか

Goolge Watchや先日のWWDCで公開されたApple Watchなど、2014年はスマートウォッチ元年となっています。

LG電子の【LG G watch】
Appleの【Apple Watch】

そして、スマートフォンの発売が延期され続け、ローンチを疑問視されているTizen OS搭載のスマートウォッチがauから発売される、というニュースが公開されました。

Tizen OS搭載のスマートウォッチ「Gear S」がauから発売

スペックを見る限り、Apple Watchなどと大差はなく、加速度計、ジャイロ、コンパス、心拍計、環境光、紫外線、気圧計などの各種センサーが装備されており、SIMカードを差すことによって通話やメールも単体で可能となっています。

来年以降も各OSベンダー、各メーカーが次々と新製品を発表すると思いますが、個人的には普及の鍵は「所有の満足感」をいかに満たすか、だと思っています。

たとえ、スマートフォンに近い性能を持っていたとしても、時計は時計。所有者が「身につけて嬉しい」と思わなければ購入しないと思います。残念ながら、今発表されているスマートウォッチは、Apple Watchにしてもデザインがいまいちで欲しいは思いません。

例えば、ロレックスやタグ・ホイヤー、もしくはG-SHOCKやSwatchなど。有名な腕時計メーカーが本気で生産に関わるようになると大きく普及すると思います。

いま、我々のAppTraderではスマートフォンアプリの売買を仲介していますが、近い将来、スマートウォッチ上のアプリを売買する日も来るでしょう。今後も注意深く、スマートウォッチ(スマートウォッチという名称自体クールではないですね)の動向をチェックします。

Mobile App Acquisition Marketplace “AppTrader”
https://www.app-trader.net/

Leave a Comment.