アプリ開発の真実

こんにちは、AppTraderの新上です。
今日はアプリ開発にかかわる人とお金についてお話します。

まず日本国内のケース。

私自身、もともとアプリ開発に携わっていたので、アプリ開発の予算や工数については良く知っているつもりです。
たとえば、簡単なツール系アプリをクライアントと作成すると、打ち合わせや仕様決めなどで時間を使うため、シンプルなものでも2ヶ月、そして大手企業ですと1人月100万円程度のプライスを付けるので、200万円、そして営業管理の工数などを含めると250万円という値付けになります。

ソーシャルゲームですと、いまではグラフィックが華美になり、仕様も大きく膨れ上がるため、予算1億円では全く足りないプロジェクトが続出しています。

前述の2ヶ月で作るツール系、アプリ。これを発案者がフリーランス技術者個人に振り、ディレクションなどを行うと、工期が1ヶ月、人月単価50万(人によってばらつきがあり)*1ヶ月=50万程度、グラフィックはデザイナーに個別発注して10万円、合計60万円程度で済んでしまいます。

最近は日本国外のディベロッパーの方々と話す機会が多いのですが、
とあるヨーロッパのカジュアルゲームディベロッパーは、ゲームのテンプレートをサイトで購入し、
パキスタンのディベロッパーを月400ドル(約4万円)で契約し、1日に2−3本のアプリを量産すると言っていました。

もちろん、アプリの質とボリュームは全く異なるのですが、コストの差に驚くばかりです。
また、インド人のエンジニアと話をすると、あるAndroidアプリをiOSアプリにコンバートするのに、10日約200ドルでお願いできないかと打診されました。200ドルですと日本のエンジニアに依頼をすると、ヘタすると4時間分の工数です。

このインターネットの時代では、世界中の誰とも比較的容易につながることができます。
仕事の内容はほぼ一緒で、同じ言語を使って話をしているのに、仕事の対価だけが異なるのは、何とも不思議な感じです。

AppTraderでは全世界の売り手と書い手が同じ場所に存在します。どのような取引が発生するか、注意深く見ていきたいと思います。

スマートフォンを折り曲げないで

こんにちは、多くの人がiPhone 6, iPhone 6 Plusを入手し、称賛しています。称賛の一方で、非難も増えています。リリース後まもなくして、あるユーザーがポケットにiPhone6 Plusを入れていたら曲がってしまったとTwitterで非難のポストをしたのです。 #bendgateのハッシュタグでこの悲劇に遭った人のツイートを見ることができます。数多くのiPhone 6 Plusが折れ曲がる画像や動画がアップされています。ユーザーのみならず、世界中のメディアがこの現象に直面しています。

Here`s a video of a bend test
https://www.youtube.com/watch?v=znK652H6yQM

Appleの公式見解としては、通常の環境であれば折り曲がることはない、それはレアケースということでした。YouTubeではiPhone 6 および iPhone 6 Plusが荷重によって折り曲がっています。iPhone 6 や iPhone 6 Plusは初期のiPhoneよりは大きくて薄いので、折り曲がりやすいのは明らかで、こういったことは起こるのは自明と言えます。

個人的な見解としては、多くの人はオーバーリアクションしているだけだと思っています。わずかに曲がることは決して故障につながるわけではありません。
こうした事が起こりえるとわかっていたなら、Appleは製品をリリースする前に圧力がかかっただけでは故障しません、と公式見解を出すべきでした。
また、ユーザーはスマートフォンはデリケートな製品である、ということを忘れてしまっているのかもしれません。
曲がった!と主張する前に、注意して扱うべきなのです。
#BendGateのポストは事実かもしれません。しかしiPhoneを折り曲げて、YouTubeにビデオをポストするのは違う気がしますね。
このトピックがすぐに下火になることを期待しています。

Mobile App Acquisition Marketplace “AppTrader”
https://www.app-trader.net/

スマートウォッチの時代は来るのか

Goolge Watchや先日のWWDCで公開されたApple Watchなど、2014年はスマートウォッチ元年となっています。

LG電子の【LG G watch】
Appleの【Apple Watch】

そして、スマートフォンの発売が延期され続け、ローンチを疑問視されているTizen OS搭載のスマートウォッチがauから発売される、というニュースが公開されました。

Tizen OS搭載のスマートウォッチ「Gear S」がauから発売

スペックを見る限り、Apple Watchなどと大差はなく、加速度計、ジャイロ、コンパス、心拍計、環境光、紫外線、気圧計などの各種センサーが装備されており、SIMカードを差すことによって通話やメールも単体で可能となっています。

来年以降も各OSベンダー、各メーカーが次々と新製品を発表すると思いますが、個人的には普及の鍵は「所有の満足感」をいかに満たすか、だと思っています。

たとえ、スマートフォンに近い性能を持っていたとしても、時計は時計。所有者が「身につけて嬉しい」と思わなければ購入しないと思います。残念ながら、今発表されているスマートウォッチは、Apple Watchにしてもデザインがいまいちで欲しいは思いません。

例えば、ロレックスやタグ・ホイヤー、もしくはG-SHOCKやSwatchなど。有名な腕時計メーカーが本気で生産に関わるようになると大きく普及すると思います。

いま、我々のAppTraderではスマートフォンアプリの売買を仲介していますが、近い将来、スマートウォッチ上のアプリを売買する日も来るでしょう。今後も注意深く、スマートウォッチ(スマートウォッチという名称自体クールではないですね)の動向をチェックします。

Mobile App Acquisition Marketplace “AppTrader”
https://www.app-trader.net/

ネット上のガゼネタにはご注意を(iOSトンデモ話)

こんにちは、今日はネット上で話題になっていることについてお話したいと思います。4chで話題になっている”Wave”についてです。”Wave”とはiOS8では電子レンジで端末を温めるとバッテリーをチャージできるというネタです。
もちろん、絶対にそんなことをしないでください。端末はおろか、電子レンジも台無しになります。
“Wave”は4chanによって作られたネタです。やっちゃった人もいるかもしれませんが……

Wave

iOS7がリリースされたときも同様の話がありました。”Airdrop”と防水性についてです。防水性については、iOS7にアップデートした端末は防水機能を得られると言われていました。このネタに踊らされた人は、端末を水中に入れて、動かなくなったのをみて失望したのです。Airdropについてはワイアレスでファイルの転送をできる機能として、実際に存在していますが、これにもガゼネタが。AirdropはiPhoneに耐衝撃性をもたらすというもの。このフェイク画像は、Airdropには1.5mの高さからの耐衝撃性を保証する機能も存在する、と謳っており、落下検知機能と落下時のダメージを防ぐために液晶面が上に向く、というネタも。
もちろん、どのバージョンのiOSやiPhoneにもそんな機能はありませんよ。

WaterProof

新しいiOSがリリースされると噂や悪ふざけの類がネット上に出現します。
騙されて端末を台無しにする前に、よーく過去から学び、ネタ元をチェックしてくださいね。近い将来、こういった機能は本当に実現されるかもしれませんが。

Mobile App Acquisition Marketplace “AppTrader”
https://www.app-trader.net/

アプリの買収案件(日本)について

AppTraderの新上です。今日は、弊社に寄せられている買収希望案件についてご説明をします。
日本企業数社より、アプリを購入したい、というオファーを頂戴しており、AppTrader内外にご連絡しております。

もちろん、企業名についてはお伝えできないのですが、大手有名企業が含まれています。
各社お話をお伺いすると今のところ、ニーズは3点に集約されます。

①今後伸びる可能性のあるアプリ
現在DL数、収益があがっていないけれど、ユニークユーザ数/DL数が多いもの。
買収企業側でさらなる成長のためにプロモーションを実施し、そしてマネタイズ手段を導入して、収益化をはかりたいようです。

②テスト用のアプリ
たとえば、SDKや自社フレームワークのテストのためにすでにストアにアップされているものを使いたい。
アプリを一から作成し、申請/承認を得るのは手間なので、時間を買いたいというパターン

③海外でインストールが多いアプリ
これは海外進出を検討している会社および、海外でアプリ/広告事業を展開している会社様から寄せられています。
特に東南アジア地域でインストールの多いアプリを探されている様です。

こういったアプリをお持ちの方は、ぜひご連絡ください!

どれだけ頻繁に自分の電話を眺めていますか?

今日はスマホ中毒を解決するかもしれない?2つのアプリを紹介します。そのアプリは『Checky』と『Moment』です。

最近の若者世代は、コミュニケーションを取るためだけではなく、楽しむためーたとえばCandy CrushやFlappy Birdのようなエンタメアプリを楽しむためにもスマートフォンに没頭しています。スマートフォンに表示される情報量は膨大で、たくさんの人がスマホ中毒になる可能性をはらんでいます。
出勤時に電車に乗るときには、友達といっしょにいるのにスマホを使っている集団に出くわすこともあります。中毒から脱するのを手助けする第一歩は、この2つのアプリをインストールすることです。

Checkyはシンプルなアプリで、一日に何回スマホをチェックしているかを数えてくれるアプリです。
「どのくらいしょっちゅう電話を見ているんだろう?」という質問に答えてくれ、友達や家族とその数を比較することもできます。

Checkyは何回チェックしているかを確認してくれるだけですが、Momentはどのくらいの時間、スマホをチェックしているか、長さを確認できます。Momentはバックグラウンドで起動しており、事前に設定した期間に利用時間が近づくと通知を出してくれます。また、「どこで」スマホをチェックしたかも確認できます。

これらのアプリはみなさんに自分がどれだけスマホをチェックしているか、そしてその後どうするかを考えさせてくれるでしょう。ユーザーにどれだけスマホを眺めているか、気付きを与えることによって、スマートフォンの利用頻度・時間を減らせるかもしれません。一日にどれだけスマホを使っているかを知ることによって、利用を減らすための目標設定ができると思っています。

Checky Homepage
http://www.checkyapp.com

Moment Homepage
http://inthemoment.io

Mobile App Acquisition Marketplace “AppTrader”
https://www.app-trader.net/

iPhone 6とApple Watch、ディベロッパーへの影響は?

9月9日のAppleのスペシャルカンファレンスにおいて、iPhone 6/iPhone 6 Plus そしてApple Watchが発表されました。
iPhone 6の発表は規定路線だったものの、Apple Watchは意外と受け取った人も多かったようです。

iPhone 6/iPhone 6 Plusの特徴としては、
・処理の高速化
・液晶の大型化
・NFC導入によるApple Payサービスの導入
がメインとなっております。

特にディベロッパーのみなさんに対しては、液晶の大型化については頭の痛い問題です。
いままでは、iPhone4もしくはiPhone5の画角に対して対応すれば良かったものが、一気に2つのバリエーションが増えるので、対応に手間がかかるようになります。Androidの画角対応は現在でも大変ですが、iPhoneも同じようになっていくのでしょうか?

もうひとつ、大きな開発者向けトピックは、ヘルスケア関連の情報管理です。
iOS8では、HealthKitというライブラリが追加され、ヘルスケア関連の情報管理がアプリで可能になります。
iOS8の導入にともなって、Apple Watchがリリースされ、Apple Watchはヘルスケア関連データを収集するハードウェアプラットフォームの役割を担うことになります。
Apple Watchにはジャイロセンサー、加速度センサー、心拍計などのセンサーが内蔵され、iPhoneのGPSやWi-Fiによる位置情報を組み合わせて、ユーザーの1日の行動・健康状況を管理します。

先進国で高齢化社会が進む中で、予防医学の重要性は日々増しています。いままでスマートフォンアプリ関連のイノベーションは、コミュニケーションやゲームに多く見られましたが、健康管理にスポットライトが当たるのは間違いありません。これからもiOS8とApple Watchの動向を注意深くチェックしたいと思います。

たったの99セントで手に入れられるスマートフォン!?

今日はAmazonのスマートフォン「Fire Phone」がリリースより2ヶ月で大幅な値下げをしたことについてお送りします。

Fire Phoneとは、Amazonによって作られたスマートフォンですが、他のスマートフォンとの差別化が図られています。Amazonとの連携が密で、Fireflyと呼ばれるアプリがそれを実現されています。Fireflyはスマートフォンをスキャナーとして活用し、もしAmazonにスキャンしたアイテムが商品として存在すれば、その商品をその場で購入できる、もしくはショッピングカートに加える事ができます。

Fire Phoneが最初にマーケットに登場したとき、多くの人は200ドルに見合う価値を見つけることができませんでした。
他に多くの選択肢があるだけではなく、OSが独特で、ライブラリが少ないというのも原因でした。ユーザーはGoogle MapやYouTubeを使うことができないのです。$200あれば、Fire Phoneをしのぐスマートフォンを手に入れることができるのです。

つい最近、Fire Phoneの価格は200ドルから99セントに下がりました。2年間のAT&Tとの契約は必須ですが、Fire Phoneには1年分の無料Amazon Primeも付いています。
Fire Phoneそのものだけでは、AppleのみならずSamsungと戦うにしてもあまりにも大胆な試みですが、99セントでの販売には何らか可能性があると思います。
Fire Phoneが復活するか否か、今後も見守っていきましょう。

Mobile App Acquisition Marketplace “AppTrader”
https://www.app-trader.net/

StartupAsiaTokyo 9/3-4

昨日・本日と東京・渋谷ヒカリエで開催されているStartupAsiaTokyoにブース出展しています。
投資家やスタートアップの方など、100名を超える方にブースにご訪問いただき、サービスのご説明をしました。

お越しいただいた方に、アプリのM&Aについてご存じですか?サービスをご覧になったことがありますか?
とお伺いすると、知らない方のほうが圧倒的に多かったです。

「ぜひアプリを売却したい」というディベロッパーの方が多数いらっしゃいましたし、「テスト用のアプリを購入したい」と言う事業会社の方もいらっしゃいました。

今後、東南アジア圏での登録ディベロッパー/アプリ獲得を目指していると様々な方に説明したところ、多くの方から賛同をいただきました。

また海外のディベロッパーやプラットフォーム運営者の方とも情報交換および今後の取り組みについて話ができ、とても有意義なイベントでした。

痛感したのは、AppTraderというサービスの知名度の低さ、加えて、「アプリ売買」という概念自体の浸透がされていないということでした。AppTraderの告知はもちろんのこと、アプリのM&Aが行えるということ自体の啓蒙も行っていきます。

来週、新しいiPhoneが公開される?

こんにちは、今日は9月9日に開催されるAppleのイベントについてです。このイベントでiOS8が公表されると言われています。私もみなさんと同じようにこのイベントがとても気になっています!

Appleから公式のアナウンスは無いですが、新しいiPhoneの発表があるのはほぼ間違いないでしょう。インターネット上では、すで様々な情報がリークされています。

新型iPhoneに加えて、ウェアラブルデバイスについてもアナウンスされると予想されています。新型iPhoneと同時に新しいiOSが登場するでしょう。

Appleは早くから、この秋に大幅なiOSのアップデートを実施すると公表してきました。新しいiOSでは様々な部分が改善されます。Notificationは、今使っているアプリをバックグラウンドにすることなく、そのアプリからの情報を入手できるようになります。

さて、個人的には、今回最大の改善は、キーボードの改善と思っています。Appleのデフォルトキーボード以外にサードパーティ製のキーボードがサポートされます。

スマートフォンビジネスの巨人からのこうしたアナウンスを受けて、皆、来週火曜日を目を見据えて待っていることでしょう。
私たちも来週の火曜日に何が起こるか、引き続き詳細を報じていきます。
iOS8の発表とともに、アプリ開発者がどのようなアプリを開発するのかとても興味がありますね!

Mobile App Acquisition Marketplace “AppTrader”
https://www.app-trader.net/